1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. 資産運用・投資主体
  5. 加入者目線のiDeCo投資教育機会の充実

加入者目線のiDeCo投資教育機会の充実

個人型確定拠出年金(iDeCo)の加入状況(2019年6月時点)

政策調査部 研究員 佐川 あぐり

サマリー

◆個人型確定拠出年金(iDeCo)の加入者数は、2019年6月時点で127.8万人となり、全体の加入率(加入対象者数に占める加入者の割合)は1.9%であった。第2号加入者数(会社員・公務員)が108.2万人と全体の8割超を占めている。公務員の加入率が伸びている一方、企業年金のない会社員の伸び率は緩やかで、この層の加入率向上を図るには、「iDeCo+」の普及がカギと言えそうだ。

◆拠出する掛金額の分布を見ると、第2号加入者のうち企業年金のない会社員では拠出できる枠を余らせるケースが少なくない一方、それ以外の第2号加入者と第3号加入者(専業主婦等)では、限度額もしくはその近くまで拠出する層が比較的多い。

◆iDeCoでの運用商品の選択状況からは、投資信託等(投信)をこれまでよりも保有する動きが広がってきた様子がうかがえる。資産全体に占める投信の構成比は、2011年度末の28%から2017年度末の40%にまで上昇した。

◆iDeCoのさらなる普及に向けて、ますます重要になってくるのは、投資教育の充実という点であろう。今後、より多くの加入者が投資教育の機会を活用できるよう、加入者目線を重視したサポート体制の充実が、金融機関に求められるのではないか。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート