1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. 資産運用・投資主体
  5. 100万人突破のiDeCo、次なる狙いは若年層

100万人突破のiDeCo、次なる狙いは若年層

職域でのさらなる利用拡大に期待

政策調査部 研究員 佐川 あぐり

サマリー

◆個人型確定拠出年金(iDeCo)の加入者数が100万人を突破した。会社員や公務員のiDeCoの利用拡大が大きく寄与している。

◆資産形成に対する国民の意識の高まりが、iDeCoやつみたてNISAの利用者増加につながっているとみられる。つみたてNISAは特に20~40歳代の口座開設が多い。iDeCoも40歳代の利用が伸びており、今後は20~30歳代の利用を促す必要がある。

◆iDeCoはまだまだ国民の一部しか活用しておらず、普及拡大の余地を大きく残している。今後も加入者数を増やすための取り組みを強化していく必要があるが、特に職域での活用がこれまで以上に期待されよう。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート