1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. 資産運用・投資主体
  5. iDeCoの加入者数、対象者拡大前の3倍に

iDeCoの加入者数、対象者拡大前の3倍に

個人型確定拠出年金(iDeCo)の加入状況(2018年7月末)

政策調査部 研究員 佐川 あぐり

サマリー

◆個人型確定拠出年金(iDeCo)の加入者数(97.7万人、2018年7月末)は、約1年半で3倍以上に増加した。第2号加入者(会社員・公務員)が全加入者数の8割超を占める。内訳では公務員の加入率が高い一方、それに比べて企業年金のない会社員は低い。

◆加入者が拠出する掛金額の分布を見ると、第2号加入者のうち企業年金のない会社員では上限までの枠を余らせるケースが少なくない一方、それ以外の第2号加入者と第3号加入者(専業主婦等)では、限度額もしくはその近くまで拠出する層が比較的多い。

◆企業年金のない会社員には、中小企業の従業員が多いと思われる。2018年5月にスタートした中小事業主掛金納付制度が、こうした従業員のiDeCo利用拡大を後押しすることを期待したい。

◆政府はiDeCoの加入資格年齢の上限を60歳から65歳へ引き上げる方向で検討に入るという。拠出期間の延長は、自助努力による年金の充実という観点から望ましい。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート