1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. コンサルティングレポート
  4. コーポレートガバナンス
  5. 企業価値を創出するグループ統制

企業価値を創出するグループ統制

自社に独自かつ最適なグループ統制の構築に向けて

経営コンサルティング第二部 主任コンサルタント 吉田 信之

◆国内経済の成熟化や企業間競争の激化等を背景に、M&A等を活用した企業規模の拡大、新規事業への進出、さらには海外展開(グローバル化)が進展してきている。特に、2005年頃までは日本企業同士のM&A(IN-IN)が比率として最も多かったが、その後は日本企業が海外企業を買うIN-OUT型のM&Aが増加し、日本企業の海外進出、グローバル化傾向が見て取れる。


◆ここで注意しなければならないのは、現実には、M&Aによる急激な企業規模の拡大に対して、グループ統制など企業の組織体制の構築が追いついていないケースが懸念されるという点である。海外グループ子会社が放任状態となった結果、「企業グループ全体でのシナジーの創出」はもとより、「海外グループ子会社の実態把握」すらままならないケースさえ見受けられる。


◆今後は、海外グループ子会社を含むグループ子会社の情報をいかに収集・集約し、グループ全体の企業価値創造につなげていくか、すなわちグループ統制をいかに図るかが、企業グループの将来を左右するといっても過言ではない。


◆各企業は、自社が営む事業構造や将来の戦略ビジョン、中期経営計画などと照らしあわせながら、それぞれのグループ子会社ごとに、独自かつ最適なグループ統制を構築することが重要となってくるといえよう。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連のサービス