1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 政策分析
  4. 人と社会
  5. 余暇の変化で増えるインターネット消費

余暇の変化で増えるインターネット消費

「旅行関係費」「食料」「衣類・履物」等の消費拡大に期待が高まる

2017年06月07日

政策調査部 研究員 石橋 未来

経済調査部 主任研究員 溝端 幹雄

サマリー

◆本稿では、余暇の過ごし方の一つとして「インターネット」が急速に普及している様子を確認するとともに、インターネットを通じた消費動向について見ていく。


◆「インターネット」があらゆる年代に浸透してきたことで、ネットショッピングが消費者にとって身近な買い物手段になりつつある。


◆世帯主年齢60歳未満の世帯ではネットショッピングの支出額が大きい。また、世帯主が退職する前後に当たる50~79歳世帯では、「旅行関係費」や「保険」などのサービス系分野の支出割合が大きくなる。


◆地域別に見ると、東北や北陸などではネットショッピングの支出額が少なく、さらにネットショッピングの中身が物販系にやや偏っている傾向が見られる。


◆余暇時間が増加してインターネット利用時間が一層増大すれば、それに伴いネットショッピングも増加する可能性がある。ネットショッピングに占める割合の大きい「旅行関係費」や「食料」「衣類・履物」などに加え、特に高齢化の進むような地域では「保健・医療」「保険」でもインターネットを通じた消費が伸びるものと思われる。


◆そのため、これらの市場に関連する企業は、ネット対応を一層強化するとともに、ニーズを捉えた商品やサービスの充実といった戦略を打ち出すことで、売上拡大が期待できるだろう。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加