1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 政策分析
  4. 人と社会
  5. 長時間労働の是正で消費は増えるのか?

長時間労働の是正で消費は増えるのか?

全体への影響は小さいが、個別ではプラスとマイナスが入り混じる

2017年06月06日

経済調査部 主任研究員 溝端 幹雄

政策調査部 研究員 石橋 未来

サマリー

◆労働時間の削減が余暇時間等の変化を通じて消費に与える影響を定量的に検証した。


◆労働時間が削減されると大半の余暇時間は増加するが、「交際・付き合い」「食事」等の時間は減少するため、消費全体に与える有意な影響は確認できなかった。


◆しかし個別に見ると、食料、衣料、交際費にはマイナス、光熱、教養娯楽、理美容、身の回り用品ではプラスの影響がありそうだ。消費全体が盛り上がる好循環を作るには、労働生産性の向上による賃金引き上げが必要だろう。


◆余暇時間の約半分はテレビに費やされるが、特に現役世代を中心にインターネットの利用時間が拡大する中で、今後、ネットショッピングでの購入額が多い旅行関連や食料品、家電といった分野での消費拡大が期待される。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加