1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 税制
  5. 英国ISAの大幅拡充と日本のNISAの展望

英国ISAの大幅拡充と日本のNISAの展望

英国では拠出限度額年約250万円、株式型・預金型の一体運用も可に

2014年04月24日

金融調査部 研究員 是枝 俊悟

サマリー

◆2014年7月から、英国のISA(Individual Savings Account)が大幅拡充される。年間の拠出限度額は約30%増加し、15,000£(約250万円)となる。また、従来は株式型ISAでは低リスクの投資信託や償還まで5年以内の公社債などは購入できなかったが、これらも購入可能となる。このため、今後は、株式型ISAで株式、公社債、投資信託、預貯金、保険といった幅広い金融商品を1口座で一体的に非課税で運用することが可能となる。


◆そもそも英国のISAでは口座への「拠出額」で非課税枠を管理するため、分配金や売却代金を使って再投資しても非課税枠を消費しない設計になっているなど、日本のNISAと比べ英国のISAは利便性が高い。


◆英国のISAの利便性がさらに高まると、相対的に日本のNISAの使いづらい面が目立つこととなり、NISAの制度拡充の議論にも影響を与えるだろう。もっとも日本のNISAの使いづらい点のうちの多くは日本の投資家および金融機関が乗り越えるべき課題とともに設定されている面もある。NISAの制度拡充に向けてはこれらの課題をクリアすることが重要となるだろう。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート