1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 税制
  5. 平成25年度税制改正大綱(証券・金融関連)

平成25年度税制改正大綱(証券・金融関連)

速報版 日本版ISA 拡充、教育資金贈与非課税、公社債税制抜本改革

2013年01月25日

吉井 一洋

サマリー

◆平成25(2013)年1月24日、自由民主党及び公明党は平成25年度税制改正大綱を公表した。


◆大綱では、上場株式等の10%税率を平成26(2014)年1月1日から20%に引き上げる、同日から開始する日本版ISAの内容を拡充する、1,500万円の教育資金の一括贈与非課税措置(平成25年4月1日から平成27(2015)年12月31日までの預け入れ分)を導入する、公社債課税を抜本的に見直す(金融所得課税一体化の対象)、国外財産調書制度を見直す、振替社債の利子の非居住者非課税制度の適用期限を延長する、事業承継税制の要件を緩和する、などの措置が盛り込まれている。


◆本レポートでは、速報版として、上記の内容の概要を説明する。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート