1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 証券・金融取引の法制度
  5. フェア・ディスクロージャー・ルール細則 公表と公表方法について

フェア・ディスクロージャー・ルール細則 公表と公表方法について

2017年金商法改正関連シリーズ

金融調査部 主任研究員 横山 淳

サマリー

◆2018年4月1日からフェア・ディスクロージャー・ルールが施行されている。

◆フェア・ディスクロージャー・ルールに基づく重要情報の公表は、原則として、伝達と同時に行う必要がある。ただし、重要情報に該当することを知らずに伝達してしまった場合などは、(同時ではなく)速やかに公表することが求められる。

◆公表方法としては、インサイダー取引規制上の公表方法(適時開示など)に加え、自社ウェブサイトに重要情報を掲載することも認められている。ただし、自社ウェブサイトを通じた公表は、①掲載された重要情報が集約されていること、かつ、②掲載した時から少なくとも1年以上投資者が無償でかつ容易に重要情報を閲覧することができるようにされていることが要件とされている。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート