1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 金融規制(バーゼル規制その他)
  5. 円LIBORの代替金利指標の選択肢の検討

円LIBORの代替金利指標の選択肢の検討

TORFは、裏付けとなるデリバティブ取引の流動性向上が必要

金融調査部 主任研究員 金本 悠希

サマリー

◆2021年末の円LIBORの公表停止まで約半年と迫る中、市場関係者はいよいよ円LIBORに代わる金利指標を用いた取引を開始する必要がある。代替金利指標の候補として、東京ターム物リスク・フリー・レート(TORF)、無担保コール・オーバーナイト物レート(TONA)を複利計算したTONA複利(後決め)、東京銀行間取引金利(TIBOR)がある。

◆TORFは、金融機関等の既存の事務・システムとの親和性が高いこと等から有力な候補である。ただし、TORFの頑健性を確保する(市場関係者がTORFの水準を人為的に操作しづらくする)ため、その算出の裏付けとなるデリバティブ取引市場の流動性を向上させることが必要である。

◆契約当事者は、各金利指標の特徴、金利指標を利用する金融商品の性質、契約当事者の準備状況等を踏まえた上で、2021年末という期限を意識しながら、どの金利指標を選択するかを契約当事者間で調整する必要がある。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート