1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 金融規制(バーゼル規制その他)
  5. 国会提出 資金移動、新金融サービス仲介の法律案

国会提出 資金移動、新金融サービス仲介の法律案

金融商品販売法、資金決済法の改正の概要

金融調査部 主任研究員 横山 淳

サマリー

◆2020年3月6日、「金融サービスの利用者の利便の向上及び保護を図るための金融商品の販売等に関する法律等の一部を改正する法律案」が国会に提出された。

◆この法案は、2019年12月20日にとりまとめられた「金融審議会 決済法制及び金融サービス仲介法制に関するワーキング・グループ報告」を受けて、金融商品の販売等に関する法律、金融商品取引法、資金決済に関する法律などを改正するものである。

◆主な改正項目としては、①多種多様な商品・サービスをワンストップで提供する「金融サービス仲介業」の創設、②高額送金を取扱い可能な類型(第一種資金移動業)や少額送金のみを取り扱う類型(第三種資金移動業)を設けるなどの資金移動業の規制の見直し、③収納代行や前払式支払手段についての利用者保護のための措置の整備などが挙げられる。

◆上記①は、公布日から起算して1年6月以内の政令指定日、②③は、公布日から起算して1年以内の政令指定日から施行することが予定されている。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート