1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 金融規制(バーゼル規制その他)
  5. FSB報告書 送金業者を巡る国際的な取組み

FSB報告書 送金業者を巡る国際的な取組み

金融調査部 主任研究員 横山 淳

サマリー

◆2019年6月のG20財務大臣・中央銀行総裁会合に、FSB(金融安定理事会)の「送金業者の銀行サービスへのアクセスに係る報告書」が報告された。

◆報告書は、送金業者による銀行システムへのアクセスと、それに伴うマネーローンダリング対応(AML)について、2018年のFSB提言を受けた各国当局、銀行セクター、送金セクターなどの対応状況をモニターし、今後、必要とされる取組みを明らかにしている。

◆具体的には、銀行と送金業者とのマネーローンダリング対応としての利用者情報の共有、各国当局と送金セクターとの対話、エンフォースメント、イノベーションを支援する環境整備とリスクベースのマネーローンダリング規制の整備などが取り上げられている。

◆今後、FATF(金融活動作業部会)によるモニタリングや、FSBによるガイダンスの策定などが予定されている。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート