1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 金融規制(バーゼル規制その他)
  5. 資金決済法等改正法 暗号資産交換業者規制の見直し

資金決済法等改正法 暗号資産交換業者規制の見直し

カストディ業者規制、広告・勧誘規制、分別管理の強化など

金融調査部 主任研究員 横山 淳

サマリー

◆2019年5月31日、「情報通信技術の進展に伴う金融取引の多様化に対応するための資金決済に関する法律等の一部を改正する法律」が可決、成立した。

◆法律の内容は多岐にわたるが、その中に、暗号資産(仮想通貨)交換業者に対する規制の見直しが盛り込まれている。具体的には、呼称の変更(「仮想通貨」から「暗号資産」へ)、いわゆるカストディ業者/ウォレット業者規制の導入、暗号資産交換業者に対する広告・勧誘規制等の導入、顧客資産の保全の確保(分別管理の強化)、暗号資産に対する金融商品取引法、金融商品販売法の適用などである。

◆公布日から起算して1年を超えない範囲内の政令指定日からの施行が予定されている。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート