1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 会社法、民法その他法制度
  5. 相続法改正の概要【確定版】

相続法改正の概要【確定版】

原則として、2019年7月12日までに施行

金融調査部 研究員 小林 章子

サマリー

◆2018年7月6日、相続に関する民法等の規定(いわゆる相続法)を改正する法律が成立した(同月13日公布)。今回の改正は、約40年ぶりの相続法の大きな見直しとなる。

◆具体的な内容としては、配偶者居住権、預貯金の仮払い制度、自筆証書遺言保管制度の創設等が盛り込まれた。相続人以外の親族が被相続人の介護等をした場合、「特別寄与料」を請求できる規定も設けられた。

◆原則として、2019年7月12日までの政令で定める日に施行される。ただし、配偶者居住権及び自筆証書遺言保管制度については、2020年7月12日までの政令で定める日に施行される。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート