1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 会社法、民法その他法制度
  5. 民法改正時の経過措置の検討状況

民法改正時の経過措置の検討状況

民法(債権関係)の改正に関する要綱仮案以降の動向

サマリー

◆2014年8月26日の「民法(債権関係)の改正に関する要綱仮案」決定以降、はじめて法制審議会民法(債権関係)部会が同年12月16日に開催された。その後2015年1月20日にも開催された。


◆これら2回の部会では条文案や経過措置案も提示され、法務省のウェブサイトでも公表された。


◆このレポートでは、経過措置案について取り上げる。多くの場合、メルクマールとなる出来事が施行日以後にあったか否かで、改正後の民法の規定を適用するか否かを決めていると思われるが、いくつにも場合分けされるなどしている。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート