1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 会社法、民法その他法制度
  5. 法律・制度のミニ知識 民法改正要綱仮案のポイント

法律・制度のミニ知識 民法改正要綱仮案のポイント

民法の債権関係部分の改正の方向性が明らかに!

サマリー

◆2014年(平成26年)8月26日に法務省の法制審議会民法(債権関係)部会において「民法(債権関係)の改正に関する要綱仮案」が決定され、9月8日に法務省のウェブサイトに掲載された。


◆このレポートでは、この要綱仮案につき、消滅時効、法定利率、保証債務、債権譲渡、売主の追完義務、「瑕疵」という用語、消費貸借、賃貸借、請負、委任を取り上げた。


◆今後、2015年(平成27年)の通常国会への法案提出を目指して、保留とされた約款に関する部分を含めて、更なる検討が行われる。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート