1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 米国
  5. 米GDP 成長率は前期比年率+6.4%と加速

米GDP 成長率は前期比年率+6.4%と加速

2021年1-3月期米GDP:ワクチン接種と経済対策が景気回復を演出

2021年04月30日

ニューヨークリサーチセンター 研究員(NY駐在) 矢作 大祐

サマリー

◆2021年1-3月期の実質GDP成長率は前期比年率+6.4%と、回復ペースが再加速した。新型コロナウイルスワクチン接種の進展及び感染状況の改善に加えて、2度にわたる経済対策が家計・企業の支えとなったといえる。

◆内訳を見ると、設備投資や住宅投資が堅調さを維持したことに加え、個人消費が再加速したことで内需主導の景気回復が進んだ。他方、在庫不足が懸念される民間在庫、及び、堅調な内需による輸入増が純輸出の赤字幅を拡大し、全体を下押しした。

◆今後もワクチン接種が一層進展する中で、豊富な貯蓄を背景とした堅調な個人消費、政府による規制緩和による企業活動の積極化によって、4-6月期の成長率はさらに加速すると想定される。他方、民間在庫と純輸出に関しては、当面下押し要因となることが見込まれる。なお、新型コロナウイルスの感染状況の悪化は景気下振れの最大のリスク要因であるが、ワクチンが重症化を抑制し、政府による規制強化を回避するとも考えられる。米国において、感染状況の悪化による景気下振れはテールリスクといえよう。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加