1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 米国
  5. FOMC 社債等の購入に踏み切る

FOMC 社債等の購入に踏み切る

米国債等購入の無制限化、TALFの再導入、中小企業向け支援も公表

2020年03月24日

ニューヨークリサーチセンター 研究員(NY駐在) 矢作 大祐

サマリー

◆FOMC(連邦公開市場委員会)は、2020年3月23日にPMCCF(プライマリーマーケット企業債権ファシリティ)及びSMCCF(セカンダリーマーケット企業債権ファシリティ)という新たな資産購入枠組みを発表し、社債等の購入に踏み切った。足元クレジットリスクが高まる中で、FRBが発行体格付BBB-/Baa3までを含む投資適格社債の購入を実施すれば、債券市場の安定化に大いに寄与すると考えられる。

◆また、社債等の購入に加えて、①国債・住宅ローン担保証券の購入の無制限化、②TALF(ターム物資産担保証券ローンファシリティ)の再導入、③メインストリート事業貸付プログラムの創設の計画も併せて公表されている。

◆FRBは流動性の供給や「信用緩和」を行うことで金融危機を抑止するために積極的に行動している一方で、近年増加してきた低格付債務の増加や脆弱な産業などへの手当は、FRBだけでは難しい。今後必要なのは、財政支出の拡大を通じた企業や人々への支援といえる。家計への現金給付、中小企業や航空産業等へのサポートを含む経済対策は上院で否決され、再調整を余儀なくされた。政局によって米国経済の下振れが長引くということがないよう、党派を超えた政治的決断が不可欠といえる。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加