1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 日本
  5. 2021年7月貿易統計

2021年7月貿易統計

EU向け輸出が大幅増も米国・アジア向けが鈍化し輸出数量は減少

2021年08月18日

経済調査部 エコノミスト 岸川 和馬

サマリー

◆2021年7月の貿易統計によると、輸出金額は前年比+37.0%と大幅に増加した。自動車や同部分品、鉄鋼などが全体を押し上げた。ただしこれは前年の不振の裏の影響によるもので、季節調整値で見ると輸出金額は前月から横ばいであった。また輸入金額も前年比+28.5%と、前年の原油安の裏の影響で原油及び粗油などが押し上げたが、季節調整値では前月比▲1.6%と8カ月ぶりに減少した。輸入の減少を受け、貿易収支は季節調整値で+527億円と2カ月ぶりに黒字に転じた。

◆輸出数量(大和総研による季節調整値)は前月比▲1.9%と2カ月ぶりに減少した。地域別に見ると、米国向け(同▲2.0%)やアジア向け(同▲1.5%)が減少した一方、経済活動の再開が進むEU向け(同+12.3%)は大きく増加した。

◆先行きの輸出は緩やかな増加基調を辿るとみている。景気回復が続く欧米向けの輸出が全体をけん引するだろう。他方、中国向けは同国の景気減速の兆しが見られることから、増加ペースが鈍るとみている。なお各国では消費の中心が財からサービスに移りつつあるほか、感染力の強い新型コロナウイルス変異株(デルタ株)が流行し経済活動が抑制されるなどのリスク要因がある点には注意が必要だ。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート