1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 日本
  5. 2020年11月消費統計

2020年11月消費統計

天候要因で消費の回復が一服

2021年01月08日

経済調査部 研究員 和田 恵

サマリー

◆11月の消費は前月から減少した。11月は例年より気温が高かったため、衣類関連やエアコンなどの季節商品販売が不調であった。月後半に「Go To トラベルキャンペーン」が一部地域で一時停止されたことなどのサービス消費への影響は限定的であったとみられる。

◆個社データや業界統計、POSデータを見ると、12月の消費は2ヶ月連続で減少したとみられる。2021年1月以降の消費は、新型コロナウイルス感染再拡大と緊急事態宣言の再発出を受けて減少するだろう。これまでサービス消費の追い風となっていたGo Toキャンペーンが順次見直されたことが重石となろう。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート