1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 日本
  5. 米中新冷戦下でのグローバルバリューチェーンの行方

米中新冷戦下でのグローバルバリューチェーンの行方

日本経済中期予測(2020年1月)第3章

2020年01月23日

経済調査部 シニアエコノミスト 橋本 政彦

経済調査部 エコノミスト 小林 若葉

サマリー

◆グローバルバリューチェーンは、EU、東アジアを中心に発展を遂げ、世界経済にプラスの効果をもたらしてきた。また、その効果はとりわけ新興国にとって大きく、新興国の先進国に対するキャッチアップを促進してきたと考えられる。

◆これまで豊富な低賃金労働力を活かして、「量」による成長を続けてきた中国は、製造業の高付加価値化を進め、「質」による成長モデルへの転換を図っている。グローバルバリューチェーンにおいても、これまで欧米先進国や日本が担ってきた役割に取って代わるべく、ASEAN諸国への投資を積極化している。

◆中国の台頭による競合の激化が見込まれる中、いかに競争力を維持していくかが、今後の日本にとっての大きな課題となる。グローバルバリューチェーンの更なる効率化や、技術力向上のための研究開発が、これまで以上に重要性を増すことになろう。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加