1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 日本
  5. 2019年9月消費統計

2019年9月消費統計

駆け込み需要により幅広い業種・品目で増加

2019年11月08日

経済調査部 研究員 山口 茜

経済調査部 シニアエコノミスト 小林 俊介

サマリー

◆【9月の消費】需要側統計と供給側統計の双方で大幅な増加が見られた。高額品を中心に、幅広い業種・品目で消費増税前の駆け込み需要が発生したためである。食料品に関しては、軽減税率制度が導入されることから、前回増税時ほどには駆け込み需要は発生しなかったが、制度の対象外である酒類や、洗剤、トイレットペーパーなどの日用品では駆け込み需要が発生した。また、9月は好天に恵まれたことから、外食などのサービス消費も好調であった。

◆【7-9月期GDP個人消費】前期比+0.6%と2四半期連続の増加を予想している。家電や宝飾品などの高額品を中心とする、消費増税前の駆け込み需要が押し上げ要因となった。

◆【先行き】実質個人消費は10月以降に駆け込み需要の反動減が生じた後は、一進一退が続くとみている。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート