1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 日本
  5. 2018年7月消費統計

2018年7月消費統計

酷暑がプラス・マイナス双方に働き、総合すれば横ばい

2018年09月07日

経済調査部 エコノミスト 山口 茜

小林 俊介

サマリー

◆【7月の消費(総括)】7月の消費は、複数の統計でまちまちの結果となったものの、合わせて見ると前月から横ばい圏で推移したとみている。需要側の統計に関して、実質消費支出は、家計調査では前月から減少したものの、エアコンなどの家庭用耐久財のぶれにより結果が下押しされている可能性があり、そうしたぶれを補正したCTIミクロでは前月比増となっている。両者を総合すると、需要側は横ばいの推移とみている。他方、供給側の商業動態統計の小売販売額は、名目では前月から微増したものの、実質で見ると減少した。

◆【7月の消費(詳細)】需要側統計では、酷暑で外出が控えられたことで、「光熱・水道」やテレビゲーム機などの「教養娯楽」が増加した一方で、外食の減少が「食料」を押し下げた。また、供給側統計では、軽新型車投入の影響により自動車小売業が好調であった一方、百貨店は不調であった。6月にセールを前倒しした反動に加え、酷暑の影響で高齢者を中心に来客数が減少したことが押し下げ要因となった。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート