1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 欧州
  5. ユーロ圏、22年4-6月期は年率+2.8%に加速

ユーロ圏、22年4-6月期は年率+2.8%に加速

ドイツの一人負けが鮮明に。7-9月期もその傾向が続く可能性

2022年08月01日

経済調査部 シニアエコノミスト 近藤 智也

サマリー

◆ユーロ圏の2022年4-6月期の実質GDP成長率(速報値)は前期比+0.7%(年率換算+2.8%)となり、5四半期連続でプラス成長となった。2021年4-6月期・7-9月期の同2%超からは鈍化しているものの、2022年1-3月期の同+0.5%からは緩やかに加速している。

◆国別に見ると、ユーロ圏GDPの約3割を占めるドイツがゼロ成長にとどまる等、多くの国で成長率が1-3月期から減速した、あるいはマイナスに転じた中で、スペイン、イタリア、フランスというドイツを除く主要3ヵ国が大幅なプラス成長となってユーロ圏全体を牽引した。

◆ロシアのウクライナ侵攻が長期化する中で、今後の焦点は、2022年4-6月期からどれだけ景気が減速するかであろう。高インフレに供給サイドのボトルネック問題、そしてエネルギー供給への懸念が、企業の生産活動や家計の消費行動に重くのしかかるだろう。さらに、高インフレを抑えるためのECBによる利上げ(金利上昇)という要因も加わった。7月に入ってから、企業の景況感(特に先行き)や消費者マインドは一段と悪化しており、4-6月期までのような積極的な支出は期待しづらい。冬が近づくにつれて、ガス供給のストップという最悪事態に備えて“節約”が一つのキーワードになろう。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート