1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 欧州
  5. 欧州経済見通し 軌を一にする難しさ

欧州経済見通し 軌を一にする難しさ

各国で成長ペースとインフレ状況が異なるという現実

2021年05月21日

経済調査部 シニアエコノミスト 近藤 智也

サマリー

◆欧州各国は行動制限措置の効果から新型コロナウイルス感染者の増加ペースが鈍化しており、足もとではイタリアやフランス、ドイツ等は制限の緩和に動いている。もっとも、先行する英国と比較すると、大陸欧州各国の感染者数は英国よりも高水準であるにもかかわらず、英国よりも短期間で同程度の内容まで緩和を進めようとしている。やや急ぎ過ぎている印象が拭えない。

◆ユーロ圏、英国ともに2021年1-3月期はマイナス成長に陥ったが、新型コロナウイルス感染症の抑制とワクチン接種の進展により、行動制限措置が緩和され、人々が徐々に日常生活を取り戻していくと想定しており、4-6月期以降、景気が拡大していくと見込んでいる。

◆経済の正常化が進み、成長が加速していくというシナリオの確度が高まっていくと、各国の置かれている経済環境の違いが鮮明になっていこう。経済成長ペース・インフレ状況が異なるため、コロナ禍で膨張した財政・金融政策の後始末に対して、集合体として軌を一にする際には、どこを基準に対応を進めるかが難しく、時間もかかろう。この点、内部に多くの問題を抱えつつも、EU離脱で政策の自由度を得た英国は短期的には優位かもしれない。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加