1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 欧州
  5. ユーロ圏、“景気二番底は軽微”が救い

ユーロ圏、“景気二番底は軽微”が救い

2020年10-12月期は年率▲2.8%成長となり、歪なW字形成へ

2021年02月03日

ロンドンリサーチセンター シニアエコノミスト(LDN駐在) 近藤 智也

サマリー

◆ユーロ圏の2020年10-12月期の実質GDP成長率(速報値)は前期比▲0.7%(年率換算▲2.8%)となり、2四半期ぶりにマイナス成長となった。ユーロ圏各国が、新型コロナウイルスの感染拡大を受けてロックダウン(都市封鎖)を再導入したことから、域内の経済活動が再び停滞した。10-12月期の実質GDPの水準は、コロナ危機前(2019年10-12月期)の水準を5.1%下回っており、回復過程は依然として道半ばである。

◆2020年10-12月期のユーロ圏経済は市場予想ほど悪化せず、2020年全体でも各国政府や国際機関の見通しよりもマイルドな減少にとどまった。だが、2021年は出だしから躓いており、2021年1-3月期もマイナス成長になる公算が大きい。ユーロ圏経済は、2020年上半期に次いで2四半期連続の減少、つまり再び景気後退に陥るとみられる。

◆もっとも、新型コロナウイルス感染症のワクチン接種が広範囲に普及することで、ロックダウンが緩和され、人々の生活が徐々に日常を取り戻していくという標準シナリオの想定は変わっておらず、2020-21年を通じて、ユーロ圏経済は歪なW字回復を辿るだろう。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加