1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 新興国
  5. 新興国マンスリー(2013年8月)新興国は遅行型の景気回復へ

新興国マンスリー(2013年8月)新興国は遅行型の景気回復へ

~リスク・オン下での新興国低評価は何故か?~

2013年08月05日

経済調査部 経済調査部長 児玉 卓

経済調査部 主席研究員 山崎 加津子

新田 尭之

井出 和貴子

サマリー

◆米国の株価が史上最高値圏にあることが示すように、金融市場では米国の量的緩和の縮小への懸念を、同国の景気回復への期待が上回り、リスク・オフからオンへの転換が着実に進んでいるように見える。通常、それは新興国通貨の上昇などをもたらすが、市場は相変わらず新興国への厳しい評価を変えていない。あたかも新興国はハイリスク・ロー(せいぜいミドル)リターンとみなされているかのようだ。


◆こうした評価が的を射ているとは考えられないものの、市場やグローバル企業の新興国への厳しい評価が、実際に新興国の景気回復の障害になるという、悪しきルートも存在する。新興国は先進国との貿易・投資を通じたリンケージによって成長してきたからだ。実際、来るべき新興国の景気回復は米国の後追い的なものとなる可能性が高まっている。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加