1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. 金融・証券市場・資金調達
  5. 2014年度の企業の資金調達動向

2014年度の企業の資金調達動向

銀行借入れは増加したが、資本市場を通じた資金調達は限定的

金融調査部 主任研究員 太田 珠美

サマリー

◆2014年度は企業が積極的に資金調達する傾向が見られたが、銀行からの借入れが中心であり、資本市場からの資金調達(社債発行や株式増資等)は限定的であった。ただし、リキャップCB(転換社債型新株予約権付社債のうち資金使途が自社株買いであるもの)の発行は顕著に増えている。


◆2014年2月に策定された日本版スチュワードシップ・コードや、2015年6月から実施されているコーポレートガバナンス・コードにより、企業に対し資本効率性の向上を求める声が強まっている。CBや種類株式など、発行条件が柔軟に設定できるものについて、企業の資本政策の一環として、利用が増える可能性がある。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート