1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. ESG投資/SDGs
  5. ESGキーワード
  6. IIRC(国際統合報告委員会)

IIRC(国際統合報告委員会)

2013年03月29日

IIRC(The International Integrated Reporting Council:国際統合報告委員会)は、企業の財務情報と、非財務情報、いわゆるESG(環境・社会・コーポレートガバナンス)情報を統合した報告のフレームワークを開発している国際的な団体である。持続可能な社会の構築に向けた企業の取り組みと財務パフォーマンスを関連付けて体系的に開示する統合報告によって、事業活動とESGへの取り組みの関連性を明らかにすることを目的としている。従来の財務報告では短期的な視点で評価される傾向があること、過去の分析はできても将来のリスクや機会が見えにくいこと、などの課題がある。一方、CSR報告書では、様々なステークホルダーに資する情報があるものの、企業経営との関連性がわかりにくいという課題が指摘されている。


IIRCはチャールズ皇太子が立ち上げたAccounting for Sustainability(A4S)プロジェクトとGRI(Global Reporting Initiative)などによって2010年に設立され、企業・投資家・会計士団体・NGOなど、多様なステークホルダーが参加している。日本からは東京証券取引所CEOや日本公認会計士協会常務理事が参加している。




世界中から企業が自主的に参加するパイロット・プログラムなどの活動を行っており、2012年11月には、“OVERVIEW”、“FUNDAMENTAL CONCEPTS”、“GUIDING PRINCIPLES”、“CONTENT ELEMENTS”、“PREPARATION AND PRESENTATION”の5章から成るフレームワークのプロトタイプを発表した(※1)。2013年4月に草案公開、意見募集を行い、2013年12月に“version 1.0”を公開するとしている。




(※1)IIRC Press Releases November 26, 2012 “IIRC Releases Prototype of the International <IR> Framework


(2013年3月29日掲載)

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート