1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. ESG投資/SDGs
  5. グリーン金融政策を巡る論点とは

グリーン金融政策を巡る論点とは

中央銀行は気候変動問題への対応を検討

2021年02月04日

柿沼 英理子

サマリー

◆中央銀行関係者の間で「気候変動は金融リスク」という認識が高まっている。その一方、中央銀行として気候変動問題にどこまで介入すべきかについては、意見が大きく分かれている。具体的には、気候変動リスクから金融システムの安定を守るプロテクティブな対応を取ることについては肯定的な意見が多いものの、金融政策を通じて低炭素社会への移行を支援するプロアクティブな対応を取ることについては懐疑的な見方が多い。

◆本稿では、金融政策を通じて気候変動問題に対応しようとする、いわゆるグリーン金融政策に焦点を置く。そして、グリーン金融政策の検討を進めているECBの事例も踏まえながら、中央銀行に課されたマンデートとの整合性や、グリーン金融政策がもたらす環境改善効果に関する議論を紹介し、グリーン金融政策の実施可能性を検討する。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート