1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. ESG投資/SDGs
  5. VCが社会的インパクト投資において期待される理由とは

VCが社会的インパクト投資において期待される理由とは

社会的インパクト投資はプライベート投資を中心に広がる

2020年05月01日

柿沼 英理子

サマリー

◆社会的インパクト投資市場の拡大において、ベンチャーキャピタル(VC)の役割が期待される。社会的インパクト投資の要件の1つとして提唱される「投資家による貢献」を実現する上では、VC投資のスキームが適していると考えられるためだ。

◆VCがベンチャー企業へ社会的インパクト投資を行うにあたり、大企業と比較してリソースが少ないベンチャー企業が事業のインパクト評価をどのように行うのかという課題がある。また、企業にとってはエグジット後のミッション・ドリフト(株主からの要求を受けて企業が資源配分を変えることにより、本来の社会的な目的を達成できなくなることを指す)を防ぐことも重要である。

◆社会的インパクト投資の牽引役としてのソーシャル・インパクト・ベンチャー・キャピタル(SIVC)への期待は大きい。社会的インパクト投資が拡大していくためには、SIVCだけではなく、SIVCへの資金の出し手や投資先企業の理解も必要であり、ソーシャル・ベンチャー上場後の担い手も含めて、社会的インパクト投資を支えるエコシステムが築かれることが重要である。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート