1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. コンサルティングレポート
  4. コーポレートガバナンス
  5. コロナ禍のリスクマネジメント

コロナ禍のリスクマネジメント

リスク対策の方策から考える事業戦略

コンサルティング本部 主席コンサルタント 大村 岳雄

サマリー

◆新型インフルエンザ等の感染症の脅威は、人的被害が甚大であること、被害が長引くこと、致死率が高いことが特徴である。

◆感染症の事業継続計画(BCP)については、既に方法論は確立し普及しているが、初動的な対応が中心となっている。

◆BCPの初動対応後の事業戦略の検討に、リスク対策の4つの方策、低減・回避・移転・保有という考え方を使うことができるのではないか。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連のサービス