1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 政策分析
  4. 社会保障
  5. 「こども保険」をどのように考えるか

「こども保険」をどのように考えるか

全世代型社会保障の議論の継続に期待

2017年04月28日

政策調査部 主任研究員 神尾 篤史

サマリー

◆自民党の「2020年以降の経済財政構想小委員会」から「『こども保険』の導入~世代間公平のための新たなフレームワークの構築~」という提言が公表された。


◆当該提言は幼児教育・保育の負担軽減、もしくは実質無償化を目指すもので、財源は現役世代が負担する年金保険料に上乗せして調達する方式を考えている。この提言に対しては「保険」という名称・考え方・位置付け、財源のあり方などについて様々な意見が寄せられており、どちらかと言えば批判的な論評が少なくない。


◆もっとも、教育無償化の財源として一部にある教育国債の発行という議論との対比では、財源を明示している点で責任ある提案と言えるだろう。また、当該提言の意義は高年齢者に偏っている現在の社会保障制度を、子育て世代や若い世代を含めた全世代型の社会保障制度へと変えていく契機となりうる点に大きな意義がある。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加