1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 政策分析
  4. 地方創生・地方経済
  5. 第2期まち・ひと・しごと創生総合戦略を読み解く

第2期まち・ひと・しごと創生総合戦略を読み解く

第2期総合戦略のキーワードは「稼ぐ力」と「地方とのつながり」/人口減少、東京一極集中是正のために、まずは地方経済を活性化

経済調査部 エコノミスト 鈴木 雄大郎

サマリー

◆2015年度に開始した地方創生政策の目玉である、「まち・ひと・しごと創生総合戦略」の第1期がまもなく終了する。第1期では、「しごと」に関する施策はおおむね計画通り進捗しているのに対し、東京一極集中の是正など「ひと」に関する施策は、現時点では成果が表れていない。

◆2019年12月20日、第2期「まち・ひと・しごと創生総合戦略」が閣議決定された。第2期では従来の4つの基本目標に加え、新たに「横断的な目標」が追加された。横断的な目標には「多様な人材の活躍を推進する」、「新しい時代の流れを力にする」の2点が設定された。また、4つの基本目標については多少の修正が加えられたものの、内容はおおむね維持された。第1期からの変更点は4つの基本目標や施策に「稼ぐ地域」や「地方とのつながり」といったキーワードが追加された点である。

◆総合戦略の改定を受け、今後各地方公共団体は3月末を目途に第2期地方版総合戦略を策定する見込みである。第2期総合戦略ではこれまで以上に地域の自主性が求められる内容となっており、地方版総合戦略ではより具体的な施策を示したものになると想定される。地方公共団体はそれぞれの地域の特性を分析し、それを強みに変えることで、長期的かつ持続的な発展を目指していくことになろう。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート