1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 政策分析
  4. 人と社会
  5. 女性活躍に積極的な地域はどこか(前編)

女性活躍に積極的な地域はどこか(前編)

都市部より地方圏で目立つ女性の有業率の高さ

2017年12月28日

政策調査部 研究員 菅原 佑香

サマリー

◆女性活躍は、女性一人ひとりが自らの意欲や能力に応じて活躍できる社会を目指すものであり、働き方改革でも、最重要課題の一つとして位置づけられている。


◆本稿では、女性活躍について「第4次男女共同参画基本計画」で地域の実情や特性に応じた取組みが求められている点に着目し、都道府県ごとの女性の有業率と管理職比率を整理した。その上で、次稿とセットである本稿では、女性の有業率が高い地域やその要因を探った。


◆女性の有業率が高い地域ではM字カーブの凹みが浅く、女性が就業継続しやすい状況になっている。また、女性の有業率には、地域の賃金水準や保育所の待機問題が関連していると考えられることに加え、正規雇用比率が高い地域で女性の有業率が高いという傾向が強まっている。企業は最近になるほど女性の就業継続に前向きに取り組むようになってきていると考えられ、女性の就業を拡大させるには企業のサポートも重要である。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート