1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 政策分析
  4. 人と社会
  5. 女性活躍に積極的な地域はどこか(後編)

女性活躍に積極的な地域はどこか(後編)

女性管理職比率を高めている要因は何か

2018年02月09日

政策調査部 研究員 菅原 佑香

サマリー

◆本稿では、女性管理職比率を高めるための要因について議論した上で、地域の産業構造や人材育成、勤続年数の地域差などに着目して女性管理職比率に関する分析を行った。


◆女性の採用比率が十分に高く、配置・育成における男女差がなく、女性が家庭と仕事を両立させられる環境がある地域では、女性管理職比率が高い可能性がある。


◆本稿の分析によれば、地域の産業構造や女性の人材育成(男女間の賃金格差)の地域差と女性管理職比率には、一定の関連がある。全国一律にではなく、それぞれの地域がそれぞれの現状に応じて女性管理職を増やしていく取組みを進める必要があるだろう。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート