1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 証券・金融取引の法制度
  5. いよいよ適用開始 投信制度改革 目論見書・運用報告書などの見直し

いよいよ適用開始 投信制度改革 目論見書・運用報告書などの見直し

手数料情報、リスク情報、運用報告書の二段階化

金融調査部 主任研究員 横山 淳

サマリー

◆2014年12月1日から一連の投信制度改革が実施された。その中に、運用報告書や目論見書などの見直しが盛り込まれている。


◆具体的には、交付目論見書において、手数料情報について、顧客が負担する手数料を対価とするサービスの内容を記載すること、リスク情報について、投資リスクの定量的把握・比較が可能となるようわかりやすく記載すること(6種類程度の指標と比較など)が求められることとなる。


◆また、運用報告書について、必ず書面で交付すべき「交付運用報告書」と、ウェブ掲載など電磁的方法による提供を原則とする「運用報告書(全体版)」に二段階化することとされている。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート