1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 証券・金融取引の法制度
  5. いまさら人には聞けないライツ・イシューQ&A

いまさら人には聞けないライツ・イシューQ&A

金融調査部 主任研究員 横山 淳

サマリー

◆2009年12月22日、東証は「ライツ・イシュー」導入に向けた規則改正を行った。本稿では、わが国で導入が予定されている「ライツ・イシュー」の基本をQ&A形式で紹介する。

◆Q&Aの主な項目は次の通り。
(1)ライツ・イシューって何?(A:主に英国などで行われている増資手法で、株主に優先的な新株の割当を受ける権利を与えた上で、その権利の売買を行うもの)
(2)わが国でもライツ・イシューを行うことは可能か?(A:理論上は可能)
(3)これまで実施が難しかった要因は?(A:制度上の要因としては、ライツ・イシューによる新株発行予定の株式数が、原則、発行済株式総数の整数倍に制約されていた点)
(4)東証の規則改正の内容?(A:新株予約権1個当たりの株式数が端数でも上場を認める)
(5)東証がライツ・イシュー導入を進める背景は?(A:大規模増資による既存株主の権利の希薄化に対する懸念)
(6)施行日は?(A:2009年12月30日)

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート