1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 金融規制(バーゼル規制その他)
  5. 大口信用供与等規制の改正案

大口信用供与等規制の改正案

2020年4月1日からファンド・証券化商品にルックスルー方式を導入

金融調査部 主任研究員 金本 悠希

サマリー

◆7月31日、金融庁は、「大口信用供与等規制」を見直す細則案を公表した(2020年4月1日から適用予定)。大口信用供与等規制とは、銀行が一グループの貸出先へ行う信用の供与等の額を、原則として自己資本の25%以下に制限する規制である。

◆改正案は、ファンド・証券化商品についてルックスルー方式を導入している。原資産を構成する個別の資産が自己資本の0.25%以上の場合、原則として、個別の資産に係る債務者等への信用の供与等として扱われる。

◆また、貸出等について保証を受け、一定の債券等を担保として受領している場合等は、保証や担保の額を貸出先への信用の供与等の額から控除する代わりに、その額を保証人や担保(債券等)の発行者への信用の供与等として計上するとしている(自己資本比率規制で、保証や担保等の信用リスク削減効果を勘案している場合に適用)。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加