1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 会社法、民法その他法制度
  5. 平成18年導入の買収防衛策の傾向と株主の反応

平成18年導入の買収防衛策の傾向と株主の反応

反対は少なく、株主と会社の対話がうかがわれる

金融調査部 主任研究員 金本 悠希

サマリー

◆今年の株主総会で導入(予定)の買収防衛策を調べたところ、大半が事前警告型ポイズンピルという結果が得られた。

◆事前警告型ポイズンピルは、敵対的買収者の議決権割合を低下させるものである。ただし、発動されるのは、企業価値を著しく損なうことが明白な場合などに限られている。

◆事前警告型ポイズンピルの導入について、株主がどう反応するかを調べたところ、昨年より反対票が減少しており、会社と株主の対話がなされたことが伺える。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加