1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 米国
  5. FOMC 想定通り、0.25%ptの利上げを決定

FOMC 想定通り、0.25%ptの利上げを決定

ドットチャートは2022-24年にかけて、計10.5回分の利上げを予想

2022年03月17日

ニューヨークリサーチセンター 主任研究員(NY駐在) 矢作 大祐

サマリー

◆2022年3月15・16日に開催されたFOMC(連邦公開市場委員会)では、政策金利であるFF(フェデラルファンド)レートの誘導目標レンジが、従来の0.00-0.25%から0.25-0.50%へと0.25%pt引き上げられた。政策金利の引き上げは2018年12月の会合以来、3年3ヵ月ぶりであり、2020年3月以来続いてきた実質的なゼロ金利政策の解除が決定された。なお、0.25%ptの利上げに関しては、3月2・3日に開催された上院公聴会でのパウエルFRB議長の議会証言で示唆されており、市場参加者にとって特段の驚きはない。

◆注目される今後の利上げスケジュールに関しては、FOMC参加者によるFFレートの見通し(ドットチャート)において、2022年は7回分、2023年は3.5回分の計10.5回分の利上げが示された。市場参加者やエコノミストが予想する利上げペースを大幅に上回っており、タカ派的な結果となったといえる。FOMC参加者のタカ派的なスタンスは、先行きの景気の力強さを前提としたものであるが、パウエル議長も認めるようにウクライナ危機など米国経済の先行きに関する不確実性は高まっている。また、市場参加者は今回のFOMCの結果を受け、景気後退懸念を強めている。市場参加者にとってFOMC参加者がタカ派的であることは明確となったが、その利上げのペースの実現可能性に対する疑念は一層募っているといえよう。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加