1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 米国
  5. 米国経済見通し 高インフレに勝てるか

米国経済見通し 高インフレに勝てるか

屋台骨の個人消費は豊富な家計資産が下支えも、来年以降は政治次第

2021年11月19日

ニューヨークリサーチセンター 研究員(NY駐在) 矢作 大祐

サマリー

◆2021年7-9月期の実質GDP成長率は急減速したが、10-12月期は新型コロナウイルスの感染状況が改善する中で個人消費が復調し、実質GDP成長率は前期比年率+6.4%と再加速すると予想する。インフレ加速が長期化し実質賃金が伸び悩むことで人々の暮らし向きが悪化し、屋台骨である個人消費が落ち込むリスクがあるものの、2021年内は高所得層を中心に蓄積した家計資産が個人消費を支えると見込む。

◆一方、2022年以降はバイデン政権が成立を目指す“Build Back Better”計画の動向次第で高所得層の消費が落ち込む可能性がある。中間選挙が1年後に迫り、政治の駆け引きが激しくなりつつある中で、個人消費、ひいては米国経済の先行きは、バイデン政権のかじ取りにかかっている。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加