1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 米国
  5. 大統領選挙早わかり:5つの論点に答える

大統領選挙早わかり:5つの論点に答える

【米国大統領選挙2020②】大統領選挙とその後の米国経済を占う

2020年10月22日

ニューヨークリサーチセンター 研究員(NY駐在) 矢作 大祐

ニューヨークリサーチセンター 主任研究員(NY駐在) 鳥毛 拓馬

サマリー

◆11月の米国大統領・議会選挙まで残り2週間弱となった。バイデン氏が支持率で優勢を保つ中、トランプ氏も新型コロナウイルス感染から復活し、遊説を積極化させている。本稿では、大統領選挙の行方、そして、大統領選挙後の米国経済の先行きを占う上で注目される、5つの論点を取り上げる。

1.討論会の勝者は?
2.新型コロナウイルスが戦況に与える影響は?
3.隠れトランプ信者がトランプ氏再選を演出するか?
4.トランプ氏は劣勢の場合、敗北を認めるのか?
5.大統領選挙後の米国経済は?

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加