1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 米国
  5. 米国経済見通し 金融緩和と金融不安定化

米国経済見通し 金融緩和と金融不安定化

金融システムの不安定化との戦いが始まる

2020年09月23日

ニューヨークリサーチセンター 研究員(NY駐在) 矢作 大祐

サマリー

◆2020年8月27日にFOMC(連邦公開市場委員会)は、平均的なインフレ目標などを含む「長期的な目標と金融政策戦略」の変更について合意した。9月15-16日に開催されたFOMCでは、新たな金融政策の枠組みに合わせる形でフォワードガイダンスを修正し、当面の間緩和的な金融環境を維持することにコミットした。

◆緩和的な金融環境が維持されることで、景気の下支えが期待できる一方、投資家のリスクテイクの増加と、資産価格のボラティリティの上昇を通じた、金融システムの不安定化をもたらし得る点には注意が必要である。新型コロナウイルスの収束が見込みにくいことに加え、米中関係の悪化や、先の見えない追加的な財政支援の議論、目前に控えた大統領選挙の行方など、米国経済・金融を取り巻く不確実性は依然高い。

◆金融システムの不安定化を予防することの重要性はFRBも認識しており、金融規制・監督の強化が主な手立てとして想定される。他方で、金融システムの不安定化が起きた場合には、バランスシート政策による更なる流動性供給、或いは信用緩和が議論の俎上に上がることになる。景気回復を下支えするための緩和的な金融環境の維持は、FRBとこうした金融システムの不安定化との長い戦いの始まりにほかならないといえよう。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加