1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 米国
  5. FOMC 2019年2回目の利下げを実施

FOMC 2019年2回目の利下げを実施

年内の更なる利下げは意見が分かれる

2019年09月19日

ニューヨークリサーチセンター 研究員(NY駐在) 矢作 大祐

サマリー

◆2019年9月17・18日に開催されたFOMC(連邦公開市場委員会)では、政策金利であるFF(フェデラルファンド)レートの誘導目標レンジを、従来の2.00-2.25%から0.25%pt引き下げ、1.75-2.00%にすることが決定された。前回(7月30・31日)に引き続き、年内2回目の利下げの実施となる。

◆今回のFOMCで最も注目されていたのは、年内の更なる利下げの蓋然性であった。FOMC参加者の政策金利見通し(ドットチャート)からは、年内の再利下げは確約されなかった。2019年末の中央値は現状の政策金利水準で維持され、ドットチャートの形状も再利下げ、維持、利上げがそれぞれ存在し、FOMC参加者の中でも意見が分かれていることが示された。

◆こうした中、パウエルFRB議長は声明文発表後の記者会見で、マーケット参加者による際限ない利下げ期待を抑制しつつ、利下げ期待の縮小によってマーケットが急激な調整を引き起こさないようにするために苦心する姿が見られた。

◆今後の金融政策運営を考える上で、利下げを推し進める要因として不確実性の高まり(米中通商交渉の行方など)、利下げを制約する要因として物価上昇(エネルギー価格による押し上げ)が注目される。また、16・17日に発生した短期金融市場における流動性のひっ迫から、FRBによる流動性供給に関する議論も登場している。サポーティブな金融環境を維持する上で、利下げの蓋然性に加えて、こうした市場への流動性供給に関する議論の行方が、残る年内2回のFOMCに向けた注目点となろう。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加