1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 米国
  5. 米雇用者数は想定を上回る増加

米雇用者数は想定を上回る増加

2019年6月米雇用統計:利下げをにらみ、見極めは続く

2019年07月08日

ニューヨークリサーチセンター 研究員(NY駐在) 矢作 大祐

サマリー

◆2019年6月の非農業部門雇用者数は前月差+22.4万人と市場予想(Bloomberg調査)の+16.0万人を大きく上回った。前月の急減速から再加速へと転じたことから、米国経済の減速懸念を緩和するサプライズな結果となった。

◆家計調査による失業率は、横ばいを見込んでいた市場予想(Bloomberg調査)よりも0.1%pt高い3.7%となった。非労働力人口の減少による労働参加率の上昇が失業率を押し上げる要因となった。賃金に関しては、6月の民間部門の平均時給は前月比+0.2%、前年比ベースの変化率も+3.1%の上昇と、いずれも市場予想を小幅に下回った。足元において、低水準の失業率に照らすと、賃金は緩やかな上昇が続いている。

◆雇用統計の好調な結果を受け、FOMCの次回会合(7月30-31日)における0.50%ptの大幅な利下げ、というマーケット参加者の期待は低下した。次の焦点は、マーケット参加者が依然として既定路線ととらえる、次回会合での利下げ自体の妥当性となろう。金融政策の行方を巡り、個別のデータや短期的なセンチメントの振れに過剰反応せず、次に控えている統計発表の見極めが重要となる。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加