1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 米国
  5. 米雇用者数は+26.3万人と想定を上回る伸び

米雇用者数は+26.3万人と想定を上回る伸び

2019年4月米雇用統計:失業率は歴史的低水準も、賃金上昇は緩やか

2019年05月07日

経済調査部 シニアエコノミスト 橋本 政彦

サマリー

◆2019年4月の非農業部門雇用者数は前月差+26.3万人と、市場予想(Bloomberg調査:同+19.0万人)を上回った。雇用者数の増加ペースは2ヵ月連続で拡大し、米国の労働市場の底堅さを改めて確認させる結果であったと言える。

◆家計調査による4月の失業率は、横ばいを見込んでいた市場予想に反して、前月から▲0.2%pt低下の3.6%と、1969年12月以来となる歴史的低水準を記録した。しかし、失業率低下の主因は労働参加率の低下であり、失業率の低下を過度にポジティブに評価すべきではない。

◆4月の民間部門の平均時給は前年比+3.2%と市場予想(同+3.3%)を下回った。失業率が歴史的低水準まで低下しているにもかかわらず、賃金については加速感が見られず、落ち着いたペースでの上昇が続いている。

◆賃金上昇率に加速の兆しが見られなかったことから、インフレ率の落ち着きを根拠の一つとしたFedの様子見姿勢は当面、維持されることになろう。雇用者数の力強い伸びを踏まえれば、米国は内需主導での景気拡大が続く公算が大きく、債券市場が雇用統計公表後も織り込んでいる年内の利下げが実施される可能性は低いだろう。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加