1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 米国
  5. ヘッドラインは減速も、内容は良好

ヘッドラインは減速も、内容は良好

2017年10-12月期米GDP:輸入の急増が減速要因、内需は総じて加速

2018年01月29日

経済調査部 シニアエコノミスト 橋本 政彦

サマリー

◆2017年10-12月期の実質GDP成長率は前期比年率+2.6%と前期の同+3.2%から減速し、市場予想(Bloomberg調査:同+3.0%)を下回る結果となった。しかし、成長率の内訳を見ると、非常に強い内容であり、ヘッドラインの減速を懸念する必要はない。


◆今回、GDP成長率が減速する最大の要因となったのは、控除項目である輸入が前期比年率+13.9%と2010年7-9期以来の高い伸びとなったことである。国内需要の内訳を見ると、個人消費、設備投資、政府支出が前期から加速、前期にマイナス成長だった住宅投資も増加に転じており、内需の堅調さが輸入を増加させる要因となったと考えられる。


◆米国経済の先行きに関しては、内需の拡大を中心とした、自律的な景気拡大が続くと見込まれる。加えて、2017年12月に成立した税制改革が2018年1月から適用されており、景気拡大をサポートする要因となろう。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加