1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 米国
  5. 米FRBのバランスシート縮小は早期着手か

米FRBのバランスシート縮小は早期着手か

保有債券の残存期間短期化と銀行券発行残高の増加

2017年03月02日

政策調査部 主席研究員 土屋 貴裕

サマリー

◆QE3(量的緩和第3弾)による新規の債券買い入れを停止した米FRB(連邦準備制度理事会)のバランスシートは、総額と資産構成に大きな変化はない。


◆新規の買い入れ停止後、時間が経過して保有する債券の残存期間が短期化している。QE3終了後の経過期間ほど短期化していないが、再投資によってデュレーションを維持することは行っていないとみられる。


◆負債サイドでは、銀行券発行残高が増えて、バランスシートを縮小すべき幅は小さくなっていることになる。また、リバースレポの利用が増えていることは、さらなる利上げ時に弊害を招く懸念があり、FRBにはバランスシートの縮小ニーズがある。


◆FRB保有分の債券は、市場における相対的な位置づけが低下し、再投資減額のインパクトは小さくなっていくとみられるが、バランスシート縮小の影響は、MBS市場で相対的に大きくなる可能性がある。


◆FRBにバランスシートを縮小させたいというニーズがあり、縮小すべき幅は徐々に小さくなって、市場の動揺を招く懸念は低下している。保有債券の満期が相次いで到来することは好機であり、バランスシート縮小に着手する時期は近づいていると考えられる。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加