1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 米国
  5. 米国経済見通し 持ち直しの兆候と残された時間

米国経済見通し 持ち直しの兆候と残された時間

想定以上に底堅いが先行きのマインドが懸念材料

2012年08月23日

政策調査部 主席研究員 土屋 貴裕

笠原 滝平

サマリー

◆構造的なリスクとしては、引き続き2012年末から2013年初にかけて、ブッシュ減税の期限切れと大幅な歳出削減が同時に起こる、いわゆる“財政の崖”(Fiscal Cliff)と、外部要因としての欧州財政問題が挙げられる。リスクバランスとしては、経済が下向きになる方向性に警戒を要すべき点も変わらないだろう。

◆先行きの消費者センチメントは悪化しているものの、雇用環境や個人消費の減速に歯止めがかかった様子がみられる。住宅市場の底堅さと家計のバランスシート調整の進展が、持ち直しの兆しをもたらしたと考えられる。ひとまずポジティブに評価できよう。企業でも悪化したマインドは改善をみせていないが、実際の企業活動はそれほど鈍化しているわけではない。

◆消費者や企業のマインド悪化は、財政問題等の先行き不透明感が背景の一つとなろう。政治が解決すべき問題であるが、年末年始までに解決に向けた進展がみられなければ、実際の企業活動の鈍化と、労働市場へのさらなる悪影響の波及が想定されるだろう。持ち直しの兆候が、兆しのまま留まってしまうことになる。経済の下押し要因がマインド面を通じてさらなる経済の下ぶれにつながる可能性があると言えよう。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート